RealEstateInvestment

相続税対策として効果的な不動産投資とは!専門業者を利用しよう

綺麗な室内

資産のほとんどを現金で保有していた方が不幸にして亡くなられた場合、その相続の発生時には現金の額面金額がそのまま相続税の計算の基準となってしまうため、資産の額面によっては税金としてかなりの金額を国に納めることになってしまいます。自分の死後、お子さんやお孫さんに少しでも多くのお金を残してあげようと苦心をして蓄財に励んだとしても最終的には相続税としてかなりの金額が国に奪われる残念な結果となってしまうのです。相続税関連で少しでも有利に自分の資産を相続人たちに残してあげたという場合の対策方法としては資産を現金で保有するのではなく、その現金を用いての不動産投資があります。現金を不動産や土地に変えておけば相続が発生した際の相続税の計算は現金と比べるとその評価額が割り引いて計算がなされるからです。特に賃貸用のアパートやマンションといったその用途が限定されるために相続税の評価額を大幅に割り引いて計算がなされるため不動産投資は相続税対策として最も効果的です。ただし、アパートやマンションといった規模の大きめな不動産を相続税対策として購入する場合、後々、その相続方法を巡ってトラブルとなってしまう可能性があります。そのようなことのないようにするためにも相続税対策として不動産投資を始めるにあたっては事前に専門業者へ相談をしたうえでトラブルの起こらないような投資の仕方を学ぶ必要があります。

不動産投資で将来の不安の要素である貯蓄を増やそう!

豪邸

現役世代の方とは違って高齢者の多くはたとえ国から支給される公的年金の金額に不満があったとしても、その不足分を補うために再び仕事に就くというのは体力的な問題もありなかなか難しいことです。また、体力的な問題がないという方であっても高齢者を労働力として受け入れてくれる企業の数は少なく、公的年金の不足分を何らかの仕事による収入で補うというのはあまり現実的な考え…

TOP